適応障害の症状ってどんな症状?

適応障害の女性

対人関係や社会的生活をするのが難しくなる

 

適応障害とは、外的なストレスにより日常生活や社会生活に支障をきたし、一般的な社会生活ができなくなるストレス障害です。その人にとってストレスだと感じることにより様々な症状が現れ、次第に対人関係や社会的機能が不良になり、悪化すると鬱病にもなります。症状は不安、焦燥、抑うつ、過敏、混乱などの情緒的な症状のほか、不眠、食欲不振、全身倦怠感、頭痛、腹痛、発熱などの身体的症状、遅刻、欠勤、過剰飲酒などの問題行動などがあります。適応障害により発生する身体的症状は、自律神経失調症や心身症とも呼ばれます。

適応障害になったら休職すべき?

仕事に適応できない男性仕事のストレスが要因なら休職すべきことも

 

適応障害の治療の一つとして、原因となっているストレスを軽減することも非常に大切です。 休職してゆっくりと休養することにより心のエネルギーが回復させることも必要です。また、そのストレス因が仕事に関することであるのならば、休職するのは有効な手段かもしれません。

 

原因を解明することが大切

 

ただ、休職して時間を置くだけで解決できないようならば、そもそもの原因である問題とどうやって向き合い、解決していくのかをしっかりと考えて対応していく ことが必要となるでしょう。 一人で解決できないのであればカウンセリングなどを受け、混乱した情緒面の整理を行いましょう。

社会適応障害を克服するためには?

社会適応障害という問題

 

ストレスの原因は人によって様々です。生死に関わるようなストレスもあれば、家族や友人、仕事のトラブルなども原因となります。ある人にはストレスに感じることがほかの人にはストレスではなかったり、個人のストレスに対する感じ方や耐性も大きな影響を及ぼします。社会適応障害とは、ある変化や出来事がその人にとって重大であり、普段の社会生活が送れないほどの抑うつ状態、不安や心配が明らかに正常の範囲を逸脱している状態といえます。ストレスレベルが高いと急性ストレス障害などと言ったりします。

適応障害を治療する方法とは?

 

抑うつ感や不安感がある方には抗うつ薬や抗不安薬による薬物療法もありますが、根本的な治療にはなりません。
まず第一に原因となっているストレスを軽減、除去することが必要です。環境や状況で回避できるようなものであればなるべく調整し、適応しやすい環境を整える。ただし、もちろんストレス原因にはどうしても回避できないものもあります。そういった場合には認知行動治療などの精神療法により、どうやってそのストレス原因と向き合っていくのかを学び、本人の適応力を上げることも必要です。専門医のカウンセリングをしっかり受け、そのうえで自分の問題と向き合っていきましょう。

社会適応障害と環境適応障害

社会に適応できなくてストレスを過剰に感じてしまったり、周りの環境になじめず適応できない症状を
社会適応障害と言ったり、環境適応障害といったりします。やはり人間は周りの環境に対する耐性は人それぞれであり、あたらしい学校に入ったり、新しい会社に入ったとき等に過敏に外的な環境に対してストレスを感じてしまうことがあります。そのために社会適応障害や環境適応障害という状態になってしまうのです。

社会適応障害や環境適応障害などいろいろな呼び名はありますが、やはり周りの環境に適応できない状態が適応障害の特徴です。そのためにストレスを多大に抱えてしまって急性ストレス障害や、不安のレベルが増大して不安障害になったりと、環境適応姓による問題を抱えているのが適応障害の特徴です。心療内科に行くとお医者様に適応障害と言われたり、うつ病と言われたり、パニック障害と言われたりするでしょう。それはその部分にフォカースした呼び名であったり、精神障害の診断と統計の手引き(DSM)による判断だったりします。

Copyright © 適応障害の治療と克服を目指して All rights reserved